Post

        

Twitterを始めてわかったこと

category - 自分のこと
2019/ 01/ 15
                 
ふと思いついてTwitterを始めてみて約1ヶ月あまりになりますが、

実際にやってみて、こんなに面白いものだったのかということに驚いています。

今のところ割とコンスタントにつぶやけている感じなのですが、

正直、始める段階の時には、自分がこれだけつぶやけるとは想像だにしていませんでした。

むしろ、ブログと並行しながら、毎日のつぶやきをどう維持していこうか、という感覚でした。

ところがふたをあければ、つぶやき始めたらこれがどんどんアイデアが浮かんでくるのです。
            

自分で言うのもなんですが、私はTwitterに向いているのかもしれません。

そう言いながら、Twitterの機能をまだまだ全然使いこなせていない私ですが、

本日はここまでTwitterを使ってみての私なりの感想をまとめつつ、最後にお気に入りのつぶやきをここに残しておきたいと思います。


端的に言って、Twitterは自己内省他者貢献が同時に、しかも効率的にできる優秀なツールです。

140文字しか書けない小さなブログ、というわけではありませんでした。

ブログのようなまとまった記事となる文章を書く際には、何かしらのネタとなる話題が必要となります。

そのネタというのは、日常生活の中から日々生み出されるものなのですが、ある程度の内容のあるネタでないとブログ記事まで膨らませることができません。

そのためネタの種のようなものを思いついたとしても、それがあまりに些細なことであったりすると、そのままスルーしてしまうことがあったのです。

勿論、今までもそうしたネタの種がもったいないからといって一応メモ帳に残しておくということくらいまではしていました。

しかしメモ帳に書かれたそのネタの種は、ネタとして小さすぎてたいていの場合見返されることもなく、そのままメモ帳の中に埋もれてしまうということがほとんどでした。

ところがTwitterを始めることによって、そのように今までならスルーされていたネタの種を、

140字くらいでなら表現できるのではないか、ということでつぶやきとして新たな命を吹き込んであげることができたのです。

今、「命を吹き込む」という表現をしましたが、情報とは誰かに伝わってこそ意味を持ちます。

今まで私のメモ帳の中で埋もれていたネタの種は、情報としては死んでいたも同然であったわけですが、

Twitterはそのネタの種に活躍の場を与えたわけで、命を吹き込んだといっても過言ではないのではないかと思います。

そしてそうやってネタの種に注目することで、実はネタの種は1日の中で何度も芽生えては消え、また芽生えては消えているという事実に気付くことができるようになりました。

私はネタの種に気付いたら、即ツイートして何らかの形に残す、また気付いたらツイートするというサイクルを1ヶ月ほど繰り返してきました。

そのようにしていくと、今まで以上に自分がどういう考えを持っているのかという自己内省がこれまで以上にはかどってきたのです。

なおかつ私にとってはネタの種程度の情報であっても、

それをツイートしてフォロワーの方々と共有することで、誰かの役に立っているという実感も持つことができるようになりました。

それはコメントにいいねしてくれたり、リツイートしてくれたり、コメントまで返して下さる方々のおかげです。

ブログでも他者貢献できている感覚はありましたが、Twitterではそれがより効率化されたという感じがしています。


また、よく評されるように、Twitterはそのスピードが持ち味です。

先日、私の住む地域でも地震がありましたが、自分が無事であることを知らせるツールとしてTwitterは最強かもしれません。

あるいは自分が考えていることについて周りはどう思うのかということに関するリアクションも、リアルタイムに近い感じでリアクションを得ることができるので、

特に今後何か新しいことをしようと考えている自分にとっては、非常に有用なツールとして使えています。

ただ逆に情報収集ツールとしては質が低いように感じました。

やはり自分でもネタの種と言っているように、流れてくる情報もどうしてもそれなりの質のものとなってしまいます。

それにTwitterでもつぶやきましたが、何度もコメントしていると、いいねが多くなるコメントをするように無意識に自分が誘導されていくリスクもあるように思います。これは気をつけておかないといけません。

あと折角言いことを言ったとしても、流れていってしまい、思考の樹の育成材料となりにくいという点にも注意が必要です。

というわけで、折角のつぶやきが流れてしまわないように、このブログの場で一旦お気に入りのつぶやきを残しておこうと思います。

Twitterは何となく良くないと思っている方がもしいれば、実際にやってみて判断するのでも悪くはないかもしれませんよ。

それでは、私のつぶやきをどうぞご覧ください。













































たがしゅう
関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント