2020年12月

        

2020年を振り返る

category - 自分のこと
2020/ 12/ 31
                 
コロナの1年となった2020年が本日で終わろうとしています。

今年1年間で書いたブログ記事はこの記事を入れて146記事でした。

2019年が178記事、2018年が297記事、2017年が372記事と来ていますので、

ブログを書くペースは当初に比べると、大分スローペースになったと思われるかもしれません。

ですが同時並行で2ndブログを25記事、今年始めたメルマガを96本、同じく今年始めたNoteを111記事書きましたので、

書きものをするペースは以前にも増して多くなったのではないかと思っています。

加えてYouTube動画を48本撮りました。こちらは思ったより動画を上げることができず大変残念でした。

他にもオンラインセミナーを自身で10回開催したり、外部の医療系大学のオンライン講師を3回務めたり、ネットを活用した活動は例年以上に活発に行ってきたと思います。

ちなみに12月の終わり頃はちょっと失速気味であったと感じられた方もいらっしゃったかもしれませんが、

色々と考え過ぎてオーバーヒート気味だったので、最後は意図的に自分の身体を休ませることに集中させた部分がありました。

それには私がどんな時でもハイパフォーマンスを発揮するような生き方よりも、その時々の調子に合わせて負荷をコントロールする生き方を重んじていること影響しています。

ともあれ、そんな今年一年を振り返ることで、また来年へとつなげていきたいと思います。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

私がコロナを恐怖だと思えない理由

category - ウイルス再考
2020/ 12/ 30
                 
まさにコロナにかき回され続けたと言っても過言ではない一年になりましたが、

ついにこの感じのまま年末を迎えることになったので、

ここは一つ、今までのコロナに関する私の考察の整理を行っておきたいと思います。

結論から言うと、私は終始コロナを全く恐れていないわけですが、

なぜ恐れていないかというと、それはまだわからないことも含めて自分が最も妥当な判断をし続けたことによるものです。

その過程で私は、コロナに限らずウイルス感染症という概念を抜本的に見直すことになりました。

具体的にはウイルス感染症が「ウイルスという病原体が増殖し、次から次へと伝播していく病気」という概念から、

「ウイルスという非自己分子と遭遇することによって異物除去反応(自己修復反応)が惹起され、その反応が人の恒常性維持機構の故障具合に応じて無症状から死亡まで様々な範囲でもたらされる現象」という概念に完全に切り替わったと言えます。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

コロナ後遺症と肥厚性瘢痕・ケロイドの共通点

category - ウイルス再考
2020/ 12/ 19
                 
「コロナには後遺症がある、だからコロナは普通の風邪ではない」という論法があります。

これに関して私は以前、新型コロナウイルス感染症の後遺症における主病態とされる「間質性肺炎」、及びそこでミクロのレベルで起こっている「線維化」という現象に注目して、

間質性肺炎は内側からしか起こせない」という見解を述べました。

つまりコロナ後遺症の主因とされる間質性肺炎はコロナウイルスそのものによって引き起こされている炎症ではなく、

コロナウイルスとの接触を契機に駆動された自身の炎症反応がオーバーヒートして制御困難になってしまったことに起因するという考え方です。

だからただの風邪をただの風邪で終わらなくさせている要因が患者自身の中に存在していると考えられるわけですが、

ふとこれを似ている状況があることに気づきました。

それは外傷治療における「肥厚性瘢痕」「ケロイド」という現象です。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

無症状者から感染するという証拠はまだない

category - ウイルス再考
2020/ 12/ 17
                 
「無症状者からも感染しうる」という歴史上初の概念が受け入れられたことによって、

今回の一連の世界的なコロナ騒動が巻き起こっていると言っても過言ではないわけですが、

その概念の根拠となっているのは、「有症状者ではない人との接触で、新型コロナウイルスのPCR検査の陽性者が確認される」という事実だと思います。

しかし、以前の記事でも紹介しましたように、そもそも新型コロナウイルスのPCR検査はそもそもウイルス自体を検出していないという結論を論理的に実証することができます

新型コロナウイルスのPCR検査の陽性者が、確実に新型コロナウイルスによる感染者だと断定できるという前提に立てば、確かに「無症状者から感染した」としか考えられないわけですが、

もしも新型コロナウイルスのPCR検査の陽性者が、そもそもウイルスの感染者を示していないということになれば、この話の妥当性は根底から崩れ落ちることになります。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

もうコロナを恐れるべきではない

category - ウイルス再考
2020/ 12/ 12
                 
RNAウイルスに対するPCR検査が原理的に病原性ウイルスを検出しえないのが真だとして、

では今世界中で発生している急速に肺炎を中心とした炎症が出現し、

時に嗅覚障害、味覚障害、重症化すると血栓症をきたすような症状が出現している人達の原因は何なのでしょうか。

この疑問に対する私の考えは「何らかの非自己因子が駆動した正当な炎症反応が不安/恐怖情報によって過剰に働いている」というものです。

つまりきっかけは誰の身体でも起こっている異物除去・修復反応が、いつまでも終わらないように火種が次から次へと注ぎ込まれていると、

これまでであればただの風邪で済んでいた病状を悪化させているのは、自分自身の心の在り方だということです。
            
関連記事
            
                

続きを読む