なぜSARSはワクチンなしで終息したのか

2022/01/23 12:30:01 | ウイルス再考 | コメント:0件

ワクチンで唯一撲滅できたとされるウイルス感染症として「天然痘」の話を時々聞きますが、ワクチンを開発していないのにまるで撲滅されたかのような状況にあるウイルス感染症があります。それは2002年に中国で流行した「SARS: severe acute respiratory syndrome(重症急性呼吸器症候群)」です。2003年7月5日にWHO(世界保健機関)が封じ込め成功を発表し、その後も2004年頃までは散発的に症例が確認されましたが、以降はただの1...続きを読む

ウイルスと抗ウイルス薬/ワクチンとの関係性を見直す

2021/12/17 08:20:00 | ウイルス再考 | コメント:2件

ヘルペスウイルスやB型肝炎ウイルスのようなDNAウイルスには、対応する抗ウイルス薬が存在する傾向があります。でもそれは絶対ではありません。ヒトパピローマウイルス(HPV)はDNAウイルスですが、ヒトパピローマウイルス感染症に特異的な抗ウイルス薬はありません。でもHPVにはご承知のようにワクチンがあります。DNAウイルスだから構造が安定であるが故にワクチンがつくりやすいのかなという感じがします。そう言えばワクチンで...続きを読む

HPVはウイルスではなく「がん遺伝子」

2021/12/09 11:00:00 | ウイルス再考 | コメント:2件

前回、「HPV(ヒトパピローマウイルス)は本当に子宮頸がんの真の原因だろうか」という私の疑問を提示しましたが、ここからしばらくの回は、なぜ私がそう思うのかについてもう少し深く掘り下げていきたいと思います。その際、なるべく視点に説得力を持たせるために、客観的な事実や論理的な矛盾をもとに説明していくつもりです。ではまず今回は「子宮頸がんの病理組織からはHPVウイルスの子ウイルス粒子が検出されない」という点に...続きを読む

コロナがかつてなく多領域の病気にまたがる理由

2021/10/28 14:20:00 | ウイルス再考 | コメント:4件

第五波が収束した理由を専門家と呼ばれる人達はまだ誰も納得のできる説を述べられていないように思います。そういう時は常識そのものを疑った方がいいというのが、ひとつのパターンです。私は当ブログで感染症にまつわって発生する事象を従来常識とされている「病原体病因説」ではなく、「宿主病因論」という新たな認識で捉え直す必要性を訴え続けています。つまりウイルス感染症はウイルスによってもたらされるのではなく、ウイル...続きを読む

ウイルスが原因だと考えるとつじつまが合わない

2021/10/14 18:30:01 | ウイルス再考 | コメント:3件

書籍「うつ病の原因はウイルスだった」の中で紹介されていたうつ病の原因とされるウイルスは「HHV-6(ヒトヘルペスウイルス-6)」というウイルスでした。本当にこのウイルスが原因でうつ病が起こっているかどうかはさておき、この「HHV-6」というウイルス、この本の著者で大学のウイルス学講座教授の近藤一博先生は、以前からずっと注目され続けていたと述べておられます。確かに実はこの「HHV-6」、一般的にはあまりメジャーでは...続きを読む