ステロイドに関すること

        

一見矛盾する二つの出来事の連続性に気づく

category - ステロイドに関すること
2021/ 07/ 08
                 
「新型コロナウイルス感染症はただの風邪の一種(コロナウイルス感染症)が不安・恐怖情報によって修飾された状態である」という考えを私は持っています。

その「不安・恐怖情報によって修飾される」と考える生理学的な根拠は、「ヒトには不安・恐怖を感じることで自律神経系・内分泌系が刺激される仕組みがあり、不安恐怖の持続により刺激も持続する」という点にあります。

その「不安・恐怖により刺激される仕組み」のなかで中心的な存在が「ステロイド」、通称「ストレスホルモン」です。

この「ステロイド」がコロナ治療薬として効果を挙げていることも、コロナ騒動に不安・恐怖情報が関わっていると考える根拠の一つですが、一方でステロイドには二面性があります。

例えば、薬としてステロイドを使用した時にあらゆる病気に対して劇的と言えるほどの治療効果を示す一方で、長く使い続けることによって非常に多彩でかつ複雑な副作用をきたすという二面性があります。

あるいはステロイドの副作用の中で見ていますと、精神を興奮させる場合と抑うつ状態をもたらす場合とがあります。

そうなるとステロイドは例えば抑うつ状態を改善させる薬とも言えるし、逆に抑うつ状態を悪化させる薬とも言えます。一体どっちなんだという話になってしまいます。

今回は、この薬の持つ2面性についてどのように理解すればよいか、私の考えをお示しします。
                         
                

続きを読む

                 
        

ステロイドの免疫抑制作用は困難を克服させるため

category - ステロイドに関すること
2021/ 01/ 22
                 
前回の記事で、ステロイドという薬の方向性には大きく2つあるとお話しました。

1.困難を克服するために特定のシステムを通常運転以上に過剰駆動させる
2.生命維持に最優先とされる部位を守り、優先度の低い部位を犠牲にする


しかし一つステロイドの副作用に「易感染性」、すなわち「感染症にかかりやすくなる」というものがあります。

その事実はステロイドの主作用として紹介されている「抗炎症作用」「免疫抑制作用」の裏返しとも言える特徴だと思いますが、

免疫は生命を維持するのに重要なシステムなのに、それを抑制するのが生命維持に役立つなんて矛盾があるように思えますし、

感染症なんて生命にとっての脅威であり、困難な状態の代表格なわけですから、これに立ち向かうための炎症システムを抑えることが困難を克服させようとしているというのにも無理があるように思えます。

今回はこの矛盾を解消できるかどうか、・・・難しい話ですが、頑張って考察しますので是非読んでもらえればと思います。
                         
                

続きを読む

                 
        

ステロイドが身体に対してしようとしていること

category - ステロイドに関すること
2021/ 01/ 21
                 
以前、ステロイド(デキサメタゾンなど)と抗IL-6抗体(トシリスマブなど)の薬としての本質的な違いについて私の見解を書きました。

その中でステロイドはもともとあるシステムを応援する薬抗IL-6抗体はもともとあるシステムを邪魔する薬だという説明をしました。

一方で、関節リウマチという自己免疫疾患の範疇に入る病気の治療にこのステロイドと抗IL-6抗体の両者が治療薬として使われるのですが、

「ステロイドは関節破壊を抑制せず、抗IL-6抗体は関節破壊を抑制する」ということがわかっています。

厳密に言えば、少量のステロイドであれば関節破壊の抑制効果はあるかもしれないとは言われているのですが、

それにしても関節リウマチにおいてステロイドの使用は少量であっても長期にわたることが多いので、累積使用量が多くなっていくにつれて副作用の問題が出てくることが多いので、

どちらかと言えばステロイドは「関節破壊は抑制しないけれど、緊急避難的に関節の痛みや腫れをよくとってくれる薬」という位置づけで扱われていることが多いでしょう。

問題はステロイドが関節破壊を抑制しないということは、ステロイドがもともとのシステムを応援するという私の見解が正しいとすれば「もともとのシステムは関節の破壊を抑制しない」のだと、

考えようによっては「もともとのシステムは関節を破壊させる方向へと導いている」ということにさえなってしまいかねないわけですが、

実はその通りだと私は考えています。
                         
                

続きを読む