2020年08月

        

「コロナ騒動は陰謀ではない」とする見方

category - 読者の方からの御投稿
2020/ 08/ 31
                 
ブログ読者の方から多くの新型コロナウイルス感染症に関する情報を頂きました

こうした情報でも明らかなように、最近は新型コロナウイルスの騒動がすべて創作された陰謀論的なフェイク情報によるものだったという意見や情報がネット上でよく聞かれるようになってきました。

その気持ちは非常によく理解できますし、実際にそう思ってしまうのも無理もない状況になっているように思います。

しかしながら私のスタンスは基本的に「陰謀論は一番最後に考える」というものです。

多くの陰謀に思える出来事は、実際には各所ではいたって真面目にやるべきことをやっているだけの結果として起こっていることが多いです。

例えばよく医者と製薬会社が共謀して薬を使ってお金儲けをしているという類の陰謀がまことしやかにささやかれていますが、

現場を知る医師の立場から言えば、あれもほとんどの医者や製薬会社関係の人達は、自分の職務を全うしている結果に過ぎないと考えるのが妥当です。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

リアルな現実を捉えられているか

category - ふと思った事
2020/ 08/ 26
                 
「エビデンス」という言葉が医学界を席巻するようになって久しいですが、

一方で最近の医学界で次第に耳にする機会が増えてきた言葉に、「リアルワールドデータ(Real World Data:RWD)」があります。

いわゆる「エビデンス」と呼ばれる医学情報が管理された計画の下で創出される現実の一部を反映したデータであるのに対して、

「RWD」の方は言ってみれば“生の医学情報”、医現場で観察されるあらゆる事象、主観的な情報、複雑な人間関係などの影響もしっかりと受けたありのままの医学情報と言えるでしょう。

「エビデンス」が不純物を取り除いた純度の高い情報、「RWD」は不純物も含みまくりのありのままの情報だとも言えるでしょう。

こう言うとエビデンスの方が質の高い情報のように思えてしまうかもしれませんが、それは「何が純粋で、何が不純であるか」という価値観によって見方がガラッと変わります。

私にしてみれば、すべて純粋たる事実であって、そこにありのままの価値がきちんと含まれているものです。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

数値は真実を反映しない

category - ふと思った事
2020/ 08/ 24
                 
新型コロナウイルス感染症の第一波での死亡率は5.3%、対して第二波では0.5%という情報を耳にしました。

この数字を根拠に、世間ではウイルスが弱毒化したのではないかという説がまことしやかにささやかれています。

あるいは以前から言われているように、日本での新型コロナウイルス感染症による死亡者数は、欧米での死亡者数に比べて100分の1程度だという情報もありますが、

これを持って日本では何らかのファクターXが働いて死亡率をぐっと押さえ込んでいるという意見もよく聞かれます。

このように確かなデータ、動かしがたい数字を基に様々なことを議論すべきだという意見があります。

しかし、そもそも数値データ、もっと言えば疫学的な情報というのは本当に真実を反映していると言ってよいのでしょうか。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

「マスクに効果なし」の真の意味

category - お勉強
2020/ 08/ 20
                 
イギリスの有名総合学術雑誌「Nature」の中の医療分野を扱う「Nature Medicine」に、

サージカルマスクでコロナウイルスの侵入を効果的に防ぐことができるということを示した医学研究が発表されていました。

2020年4月3日に香港大学とハーバード大学の共同研究で、かなり厳密にウイルスがマスクを通過するかどうかについて調べられた内容の研究でした。

この研究では、外来患者3,363人の内から上気道症状のある1,185人を選び、呼気中のウイルスサンプルが得られた246人が対象となりました。

この246名に対して、30分間Gesundheit(ゲズントハイト)Ⅱというドイツ製の集塵機の前で呼吸してもらい、マスク装着した群とマスクを装着しなかった群で、回収した5μm以上の大きさの飛沫と5μm未満の大きさのエアロゾルの中にあるウイルス量に差があるかどうかを調べた内容です。

「Gesundheit Ⅱ」で画像検索するとわかりますが、ビニールハウスの中でラッパ状の集塵機の中に顔を突っ込んで集塵する機械で、一滴たりともウイルス粒子を逃すまいという意気込みが感じられる機械です。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

ワクチンによる自然免疫の賦活では説明できない

category - ワクチン熟考
2020/ 08/ 17
                 
BCGワクチンの件についてもう少し考えてみます。

BCGワクチンが自然免疫を賦活するかと言われたら、確かに賦活するだろうと思います。

ただそれはBCGワクチンに特有の特徴ではありません。BCGワクチンに限らず何か異物や病原体が入り込めば必ず自然免疫システムが発動します。

なぜならば自然免疫は非特異的な免疫反応、すなわち異物や病原体の細かい所に関わらず作動する免疫反応であるからです。

そしてもしもBCGワクチンが、特に日本株が自然免疫を賦活して、新型コロナウイルスの感染率を抑え、私達の健康にとって有益な効果をもたらしているのだというのであれば、

その恩恵は他の異物や病原体に対してももたらされていなければ、話が合わないのです。
            
関連記事
            
                

続きを読む