「ウイルスが病気の原因」という解釈の誤解

2021/10/11 09:40:00 | おすすめ本 | コメント:0件

先日大好きな本屋を見回っていると、一冊の本が私の目に飛び込んできました。 うつ病の原因はウイルスだった! 心の病の最新知見Q&A 単行本(ソフトカバー) – 2021/9/2近藤 一博 (著)著者は東京慈恵会医科大学ウイルス学講座教授の近藤一博先生です。近年、うつ病の原因はあるウイルスの感染によって産生される、あるタンパク質が原因で起こることを示す医学論文を発表され、その内容を一般の人にもわかりやすく漫画家のにしか...続きを読む

「精神科医が教える病気を治す感情コントロール術」書評

2021/09/04 19:15:00 | おすすめ本 | コメント:0件

本書は健康な人が病気にならないように実践する対策というよりは、すでに何らかの病気に悩まされている人が病気から回復するための心の在り方について指南する内容が書かれています。私も万病の治療法にストレスマネジメントを掲げている医師として、この内容には非常に興味を持ちました。まず冒頭、非常に重要なことが書かれています。「病気が治らない人ほど病気と闘っている」これは私自身の医師経験を踏まえても実感する場面が...続きを読む

1対1でも患者の主体性は引き出せる

2021/08/09 10:00:00 | おすすめ本 | コメント:0件

最近、とてつもなく良い本に出会ってしまいました。まずそれが私の率直な感想です。 心の治癒力をうまく引きだす―病気が回復する力とは何か。「まあ、いいか」療法はなぜ効くのか。 単行本 – 2004/4/1黒丸 尊治 (著)なぜ私がこの本を絶賛するのかと言いますと、「患者さんにとって正しい価値観は、たとえ客観的に見て誤りだと考えられたとしても、それを周りに認めてもらうことによって患者さん自身の自己治癒力が働きはじめる...続きを読む

「行動最適化大全」書評

2021/07/27 21:50:00 | おすすめ本 | コメント:0件

精神科医・樺沢紫苑先生のこれまでの書籍の集大成として書かれたという最新刊「行動最適化大全」を読みました。 今日がもっと楽しくなる行動最適化大全 ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す 単行本 – 2021/7/8樺沢 紫苑 (著)「アウトプット大全」「インプット大全」「ストレスフリー超大全」「ブレインメンタル強化大全」「精神科医が見つけた 3つの幸福」など樺沢先生流の自己啓発手法のエッセンス...続きを読む

ミネラルを食品で補充するアプローチ

2021/05/20 10:50:30 | おすすめ本 | コメント:0件

発達障害とは病気ではなく、その人の個性に過ぎないと私は当ブログで何度も語ってきました。問題は多様な個性を社会が受け止めきれず、画一的な教育システムによって一定のルールを守ることだけが善であるかのような仕組みが出来上がってしまっていることにあるのだと、そうしたルールからはみ出る個性の持ち主の自由を奪い、さらには本人のみならずその家族にもストレスが加わり続けて、結果として当人に薬剤過敏性を生じてしまっ...続きを読む