主体的医療

        

痛みを主体的に治療するために必要なこと

category - 主体的医療
2021/ 07/ 30
                 
主体的医療は「病気とは自分自身である」という理念に基づき、

病める患者自身が主導権を持って病気からの回復に取り組む医療そのもの、またはそれを支援するシステムのことを指します。

主体的医療において医療者は「相談役」の役割です。患者へ自分が最善と考える方法を提案し、その方法を採用するかどうか(全面的か部分的かも含め)は常に患者に主導権がもたらされています。

しかし現代の医療環境でそれを実践しようとすると、「相談役」の医療者は十中八九、「受動的医療」の価値観に固定されていることがほとんどになります。

一言で言えば、「病気の原因を患者の外に求める価値観」です。

例えば、がんであれば「遺伝子異常が原因だから切除した方がよい」という価値観を勧められたり、

リウマチであれば「原因不明だけれど良い薬があるので、これを使い続けた方がよい」という価値観を勧められたり、

しかも現代医療の価値観は情報共有システムの発展もあいまって均一化されていますので、全国のどこに病院・医療者に相談してもまず同じようなアドバイスを受けることになります。

これでは主体的医療を実践しようにも、結局、医療者に相談した時点で受動的医療のレールに乗せられることになってしまいます。

そうならないようにするために、今回は主体的医療を実践するために必要な基本的情報について整理したいと思います。
                         
                

続きを読む

                 
        

主体的医療と受動的医療の共存

category - 主体的医療
2021/ 07/ 29
                 
少し思い直しをしてみます。

これまで私は当ブログの中で西洋医学全般に対する否定的な見解を語ってきました。

・西洋医学は根本原因にアプローチしない対症療法の連続だから、いつまで経っても病気は治らない
・西洋医学の病名はほとんどが原因不明なのに、原因がわかったような気にさせられるから、本当の原因に向き合うことへ
の妨げになってしまう
・西洋薬には急峻な薬理効果をもたらす反面、自分で調整する力を失わせる側面がある
・難病のカテゴリーに入れられてしまうと、「専門家に任せるしかない」という気持ちが生じやすくなり、ますます自分で何とかしようという気持ちを失ってしまう


ただし、これは「病気とは自分自身である」という考えを持つ私の立場からであれば見えてくる視点であって、

病気とは複雑な原因があり医師などの専門職に扱ってもらうべき対象である」という考えを持つ人にしてみれば、西洋医学が提供している医療はよくないどころか、むしろそうした人達のニーズに最適化しているシステムであるようにも思えます。
                         
                

続きを読む

                 
        

むきだしの主体性を見失わない

category - 主体的医療
2021/ 07/ 22
                 
「死」というものが私の身近な生活からいつの間にか切り離されてしまっており、

しかもそれを取り戻せなくさせる受動的医療の概念が私達の心を支配してしまっている構造について前回お話ししました

要するに「自分のせいで死なせてしまったと思われてしまうかもしれない」という不安に多くの人が耐えられないのです。

それもこれも病気というものを「何か自分以外の別のものせい」にさせ続けてきた西洋医学の概念の影響が大きいと私は考えています。

ところで以前、医師でジャーナリストの森田洋之先生がかかれた「うらやましい孤独死」という本を紹介させて頂いたことがあります。

在宅診療の現場において、誰にでも訪れる死への覚悟があって、しかも家族や施設介護者も皆そのことを理解している状況であれば、周りからみて「うらやましい」とさえ感じられる安らかな死を迎えることができるという、そんな話でした。

そのようなうらやましい死は「認知症」であっても成し遂げることができるということを本の中では実例をもって示されていたわけですが、

よくよく考えると、「認知症」であることは主体的な「死」を遂げるために非常に重要な要件であるように思えます。

なぜならば、「認知症」と呼ばれる方々の中には「むきだしの主体性」があるからです。
                         
                

続きを読む

                 
        

医療にも「父性」を取り戻す必要がある

category - 主体的医療
2020/ 11/ 20
                 
こどもが立派で魅力的な人間へと成長していくためには、

「父性」と「母性」の双方のバランスが保たれている必要があると、精神科医・樺沢紫苑先生の書籍「父滅の刃」から学びました。

「父性」とは明確なビジョンの下に自らの力で道を切り拓いていく強さ、

「母性」とは誰一人見捨てずに、人類皆兄弟として包むように愛する優しさ、

今世界で注目されている「SDGs(持続可能な開発目標;Sustainable Development Goals)」にも通じるような、この2つの要素をバランスよく兼ね備えていくことができれば、

多くの人達に勇気や希望などの良い影響を与える素晴らしい人間になれるのではないかと思います。

しかし現在は社会として「父性」が決定的に不足している時代だといいます。
                         
                

続きを読む

                 
        

食事要因より精神要因がはるかに重要な理由

category - 主体的医療
2020/ 05/ 04
                 
新型コロナウイルス感染症の本質が「自己システムのオーバーヒート」という事にあるのであれば、

システムをオーバーヒートさせるような燃料を身体に注ぎ込むことが事態を悪化させるやってはいけない行動ということになり、

その燃料として私は不安/恐怖情報にとってもたらされる急に出現する慢性持続性ストレスのことを非常に大きく問題視しているわけですが、

もう一つ私が大事に思っているのは食事です。私は糖質制限という食事療法を推進している立場の医師なのですが、

糖質の中でも中心的な存在であるグルコース(血糖)は、ご承知のように即時的に利用できるエネルギー源です。

この糖質を過剰に摂取するという行動も、むやみに身体のシステムをオーバーヒートさせて行動につながってしまうので厳に慎むべき行為だと考えています。
                         
                

続きを読む