オープンダイアローグ

        

知らず知らずのうちに人の主体性を奪わない

category - オープンダイアローグ
2021/ 07/ 24
                 
前回の記事で、「統合失調症は主体性が失われた状態である」という私の見解を述べました。

今回はその一見突拍子もない私の意見と同じ見解を述べている方を見つけたので、まずはその方のコメントを紹介するところから始めたいと思います。



精神医学 2021年5月号(増大号) 精神科クリニカル・パール 先達に学ぶ 雑誌 – 2021/5/24
「精神医学」編集委員会 (編集)


精神医学63巻5号 2021年5月
私のクリニカル・パール 統合失調症について
小島卓也(医療法人社団輔仁会大宮厚生病院)


小島先生が書かれたこの論文の中には「統合失調症の基本障害は主体性の障害である」と明記されていたため、思わずこの本を衝動買いしてしまいました。
                         
                

続きを読む

                 
        

統合失調症とは主体性が失われた状態である

category - オープンダイアローグ
2021/ 07/ 23
                 
以前より私はオープンダイアローグと哲学カフェの「対話」という手法の共通性に注目しています。

どちらも「対話」という手法が基本となって行われるもので、

何か特定の結論を導いたり、多数の意見の中のひとつに固めようと集約させようというのではなく、逆に集約させずに多様な意見を出し合い、その多様性に触れ合える環境を人為的に作り出しています。

要するに目的を持たない行いです。それだと開催する意味がないではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

多様な意見に触れ合うことで、自分の新たな側面に気づかせるという狙いがあります。

目的と狙いは似て非なるもので、目的は「〇〇するため」ですが、狙いは「〇〇になればいいなぁ」といった感じです。

オープンダイアローグにしても、哲学カフェにしても、目的は持たないけど、何か起こることを狙うという意味でとても似ているのです。

ところがある人がこんなことを言いました。「オープンダイアローグは病気の人に対して行うもので、哲学カフェは健康な人に対して行うものです。同じ対話でも意味がまるで違いますよ。

・・・はたして本当にそうなのでしょうか。
                         
                

続きを読む

                 
        

安心・安全な対話の場を作るために必要なこと

category - オープンダイアローグ
2021/ 07/ 02
                 
オープンダイアローグの専門家でも何でもない私が、

オープンダイアローグに大きな興味持ち、大きな可能性を感じて、

「オンラインでオープンダイアローグにふれあう会」という練習会を10回以上開催して参りました。

今も参加者の方々からフィードバックをもらいながら、よりよい会になっていくよう試行錯誤を繰り返しています。

自分で言うのも変な話ですが、フィードバックを受けて自分なりに細かい部分を含め修正していくことで、

徐々に居心地のよい場所へと変わってきているような手応えを感じてきています。

一方で私主催の場ではなく、別の場で一参加者としてオープンダイアローグに参加するという体験も行うようになってきています。

先日とあるオープンダイアローグの会に参加した際に、実は私は大きな違和感を抱えておりました。
                         
                

続きを読む

                 
        

コロナ脳とオープンダイアローグ

category - オープンダイアローグ
2021/ 06/ 18
                 
コロナ脳」という言葉をよく耳にするようになりました。

ネットスラングと呼ぶのがはばかられるほど、色々なところで聞かれるようになりましたが、

どうやら「コロナ脳」というのは「コロナを非常に怖がって、何をおいてもコロナのことを最優先に考える思考、またはそうなっている人」のことを指しているようです。

テレビでは毎日のように「もう1年以上にも渡ってコロナは怖いウイルスだからしっかりとした感染対策を!!」といった内容のニュースがあの手この手で繰り返されており、

政府も、専門家も、医療従事者達も、そして国民も、いわゆる「コロナ脳」のスタンスになっている人が多数派だと思います。

確かに客観的にデータや周囲で起こっている事実を鑑みればそこまで警戒して対応するのはあまりにもバランスが悪いと思う一方で、そうした「コロナ脳」という表現に侮蔑的なニュアンスが感じられるため、私はあまり好んで使いたくない言葉です。

「コロナ脳」と言いたくなる気持ちはよく理解できます。それくらい今は「コロナ」に思考が偏り過ぎている状況だとは思います。

しかしそのような言葉を使って相手を侮辱したり、軽蔑したりすればするほど集団の分断が生まれ、時間経過とともにその溝は深まる一方です。
                         
                

続きを読む

                 
        

「オープンダイアローグ」について学ぶ

category - オープンダイアローグ
2021/ 04/ 08
                 
久しぶりに雷に打たれたかのように衝撃を受けた本を読みました。



まんが やってみたくなるオープンダイアローグ 単行本 – 2021/3/15
斎藤環 (著), 水谷緑 (著)


こちらは精神科医の斎藤環先生が「オープンダイアローグ」という精神療法を行う実際の様子を、

漫画家の水谷緑さんが表現する温かくもリアリティあふれるタッチのマンガで紹介するという内容の本です。

前半に「オープンダイアローグの具体例」がマンガで3例ほど紹介され、

中盤に斎藤先生の文章による「オープンダイアローグ」の解説、

そして後半は再びマンガですが、斎藤先生自身が「オープンダイアローグ」とどのように出会い、何を感じてきたかという経緯の紹介と、

水谷さんがこの「オープンダイアローグ」の発祥地であるフィンランドのケロプダス病院へ現地取材に行った時の様子を紹介するという構成になっています。

「やってみたくなるオープンダイアローグ」というタイトルの通り、この本を読んですぐ私はオープンダイアローグを実践してみたいと思いました。
                         
                

続きを読む