2021年04月

        

ツベルクリン反応が教える病気の実像

category - 素朴な疑問
2021/ 04/ 25
                 
前回、ツベルクリン反応という結核の検査の話が出てきました

ツベルクリン反応というのはヒト結核菌の培養液のごく一部0.1ccという少量を人の腕に皮内注射することによって、

その注射部位が48時間後にどれくらい腫れているかを見ることによって、結核に感染しているかどうかを調べる昔ながらの検査だと、

ただこの検査では現在結核に感染している人と、過去に結核に感染していた人あるいは単にBCGワクチンを打ったことがあるだけの人とを明確に区別することができないため、

現在ではツベルクリン反応に代わって、「IGRA:interferon-gamma release assay(インターフェロンγ遊離試験)」という検査が結核検査の主流におかれていると、

そしてツベルクリン反応で起こっている現象は「Ⅳ型アレルギー」で、T細胞が中心となって駆動する免疫システムの過剰駆動状態だということを説明しました。

そうするともはやツベルクリン反応の活躍の場はないので、今の医療現場では行われなくなっていると思われるかもしれませんが、実際にはツベルクリン反応の検査は今でも行われる場面があります。

それはどういう時かと言いますと、「ツベルクリン反応が陰転化する特殊な病態にあるかどうかを判別したい時」です。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

アレルギー熟考

category - ウイルス再考
2021/ 04/ 23
                 
引き続きアレルギー性疾患とウイルス感染症の共通性について考えてみたいと思います。

前回は、即時型アレルギー反応の病態に深く関わるIgE、肥満細胞、好塩基球といったものは、ウイルス性感染症の病態に深く関わるIgG、マクロファージ、好中球が変形したもので本質的には同じだという見解を述べました。

しかしその即時型アレルギーは別名を「Ⅰ型アレルギー」といい、アレルギー全体の一部でしかありません。

アレルギーは大きく分けて次の4つに分類されると言われています。

①Ⅰ型アレルギー(即時型アレルギー反応)
②Ⅱ型アレルギー(細胞障害型・細胞融解型アレルギー反応)
③Ⅲ型アレルギー(免疫複合体型アレルギー反応)
④Ⅳ型アレルギー(遅延型アレルギー反応)


Ⅰ型アレルギーが本質的にウイルス感染症の構造にそっくりだとして、それ以外の3つのアレルギーはウイルス感染症と本質的に共通すると言えるのでしょうか。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

大集団内における少数物質の本質

category - ウイルス再考
2021/ 04/ 22
                 
ウイルス感染症とアレルギー性疾患の病態は本質的に同じものだ」という私の仮説を補強するために、

アレルギー性疾患の病態で中心的な役割をはたすIgEは実は変形IgGで、肥満細胞は変形マクロファージ、好塩基球は変形好中球であり、実際にはウイルス感染症においてIgG、マクロファージ、好中球で起こっている現象と本質的に同じだという見解を述べました。

何でそう考えられるのかについて、あまり医学論文に頼り過ぎずに論理的に示していきたいと思います。

まず肥満細胞は細胞がふくれて肥満様になっていることからそう名付けられている細胞です。

細胞がふくれているということは、正常の細胞に何らかの負担がかかっていることが示唆される形態学的特徴です。

しかもこの細胞はアレルギーの時にしか姿をみせず、マクロファージや好中球と同じ造血肝細胞由来の細胞であるということもわかっています。

ということを踏まえますと、正常な状態であれば造血肝細胞からマクロファージや好中球へとそれぞれ分化していく細胞の流れが、何らかの負荷がかかることによって正常な分化に支障をきたし、

マクロファージや好中球が変形し、その変形したマクロファージや好中球が「肥満細胞」や「好塩基球」と名付けられて、全く別のものだと認識されてしまっているという考えには少なくともそれほど大きな無理はないのではないかと思えます。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

違うシステムのように見えて実は同じシステム

category - 素朴な疑問
2021/ 04/ 17
                 
こんなことを考えている医者は私くらいのものだろうと思うのですが、

以前、私は「アレルギー性疾患とウイルス感染症は本質的に同じ病気だ」ということを記事にしました。

しかし多くの医師はおそらくこう考えるでしょう。「アレルギーはIgE抗体が関与し、感染症はIgM抗体やIgG抗体が関与する。従って、アレルギーと感染症は別の病気である」と。

IgE、IgM、IgGというのはいわゆる「抗体」、別名「免疫グロブリン(Immunoglobulin、略称Ig)」と呼ばれているものの一種です。そのパターンが違うのであれば別の病気だという指摘は理にかなっているように思えるかもしれません。

でも今回は果敢にもそこに疑いの目を向けてみたいと思います。

まず「免疫グロブリン」というものの構造について説明しましょう。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

過剰な科学化が幸せを遠ざける

category - フィンランドから学ぶこと
2021/ 04/ 14
                 
精神科医・樺沢紫苑先生の新著「3つの幸福」と同時並行で読んでいた本がありました。



世界一しあわせなフィンランド人は、幸福を追い求めない (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
フランク マルテラ (著), 夏目 大 (翻訳)


世界幸福度ランキング3年連続第一位に選ばれたフィンランド出身の哲学者、フランク・マルテラ氏が、フィンランドにおける幸せの構造について分析を試みた本です。

以前よりフィンランドの先進性には大変興味をひかれているところですが、そのフィンランドでは「幸福を追い求めない」というのですからこれはますます興味津々です。

一見、戦略的かつ具体的実践により「幸せ」になろうとする樺沢先生のアプローチとは真逆に思えますが、これがそれぞれの本を読了すれば矛盾がないことがわかります。

要するに「フィンランドでは、ドーパミン的な幸福を安易に追い求めない」ということなのだと思います。
                         
                

続きを読む