お勉強

        

「マスクに効果なし」の真の意味

category - お勉強
2020/ 08/ 20
                 
イギリスの有名総合学術雑誌「Nature」の中の医療分野を扱う「Nature Medicine」に、

サージカルマスクでコロナウイルスの侵入を効果的に防ぐことができるということを示した医学研究が発表されていました。

2020年4月3日に香港大学とハーバード大学の共同研究で、かなり厳密にウイルスがマスクを通過するかどうかについて調べられた内容の研究でした。

この研究では、外来患者3,363人の内から上気道症状のある1,185人を選び、呼気中のウイルスサンプルが得られた246人が対象となりました。

この246名に対して、30分間Gesundheit(ゲズントハイト)Ⅱというドイツ製の集塵機の前で呼吸してもらい、マスク装着した群とマスクを装着しなかった群で、回収した5μm以上の大きさの飛沫と5μm未満の大きさのエアロゾルの中にあるウイルス量に差があるかどうかを調べた内容です。

「Gesundheit Ⅱ」で画像検索するとわかりますが、ビニールハウスの中でラッパ状の集塵機の中に顔を突っ込んで集塵する機械で、一滴たりともウイルス粒子を逃すまいという意気込みが感じられる機械です。
                         
                

続きを読む

                 
        

「線維化」について学ぶ

category - お勉強
2020/ 08/ 13
                 
新型コロナウイルスが肺炎を起こす際の「間質性肺炎」という病態は、

人体の内側からしか起こし得ない病態であるということを以前の記事で指摘しました。

一方でこの「間質性肺炎」という病態は、進行すると「肺線維症」と呼ばれる不可逆的な状態へ移行します。

間質で炎症が繰り返されることによって、「繊維化」という間質が「繊維」と呼ばれる機能を持たない物質に置き換わり、不可逆的な組織変化を起こすのです。

それ故、病態として「線維化」をきたす新型コロナウイルス感染症は「後遺症」を起こしうる側面があり、決して甘くみてはいけないという見方があるわけですが、

ウイルス感染症が自己反応のオーバーヒートだと考えるならば、元に戻り得ない反応を自分自身が起こしているなんてあまりにも理不尽な感じがするかもしれません。
                         
                

続きを読む

                 
        

ハムスターでマスクの効果を見た論文の落とし穴

category - お勉強
2020/ 07/ 27
                 
私は基本的にマスクにはウイルス感染防止の効果はないと考えている医師です。

医学としてもマスクの有効性が完全に証明されたことは未だにないはずですが、

世の中では新型コロナウイルス騒動を契機として、マスクの装着が新常識として半ば強制的に定着させられてきているとさえ感じています。

そんな中、ネットニュースを見ていると、「マスクの有効性が科学的に証明された」として複数の医学論文が紹介されている記事がありました。

中でも私が気になったのは、ハムスターの実験でマスクの有効性が証明されたとする上海大学から発表されたこちらの論文です。
                         
                

続きを読む

                 
        

補うときは「適量」であるべき

category - お勉強
2020/ 06/ 25
                 
ワクチンの「アジュバント」について勉強した際に、

微量元素であるアルミニウムを経口的に摂取する分には、たとえ大量に摂取したとしても大半が体内に取り込まれないシステムが構築されているため通常は中毒になることはない」ということを学びました。

一方で糖質制限実践者にとって最注目の微量元素といえば、「鉄」ではないかと思います。

鉄は人間の細胞のエネルギー産生装置であるミトコンドリアの重要回路のひとつ「電子伝達系」を回すのに不可欠であったり、

血液中で酸素の運び屋で、貧血の指標にもなる「ヘモグロビン」というタンパク質を構成する重要成分でもありますので、

この鉄分をしっかり摂っておくということは、糖質制限の初心者が慣れないケトン体代謝をスムーズに回すためにも非常に重要な成分だということはよく言われている話です。

そんな鉄に関してですが、「とにかく鉄をたくさん摂ればよい」と結論づけるのは少し待ってもらいたいと思います。
                         
                

続きを読む

                 
        

オートファジーの働きは幅広い

category - お勉強
2020/ 06/ 22
                 
前回紹介した実験医学増刊「食と健康を結ぶメディカルサイエンス」の中には、

『”食”とオートファジー』と題する記事も書かれており、日頃よりオートファジーを非常に重要視している私は興味深く読んでみることにしました。



実験医学増刊 Vol.38 No.10 食と健康を結ぶメディカルサイエンス〜生体防御系を亢進し、健康の維持に働く分子機構 (日本語) 単行本 – 2020/6/8
内田 浩二 (編集)


この特集を読んで、オートファジーとはシンプルに「タンパク質のリサイクルシステム」としていた私の理解がアップデートされることになりました。
                         
                

続きを読む