「幸せな低酸素血症(happy hypoxia)」熟考

2021/10/05 08:55:00 | お勉強 | コメント:0件

コロナですっかり有名になりましたが、指に装着することで、血液中の酸素飽和度を調べることができる「パルスオキシメータ」という医療機器があります。1985年頃から普及し出したまだ歴史の浅い医療機器です。酸素飽和度というのは、「血液中における赤血球内の酸素の運び屋たるヘモグロビンのうち、何%が実際に酸素と結合しているか」を示す数値です。一般的にはこれが92%以上あれば正常範囲で、全身へくまなく酸素が運ばれてい...続きを読む

獲得免疫をむやみに活性化させてはならない

2021/09/11 17:45:00 | お勉強 | コメント:0件

「自己免疫疾患」というのは、本来は外敵を攻撃システムが間違って自分の組織を攻撃してしまう病気です。関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、橋本病(甲状腺機能低下症)、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、1型糖尿病、などなど・・・、「自己免疫疾患」とされている病気には様々なものがあり、「難病」だと指定されているものも少なくありません。さらには「自己免疫疾患」というカテゴリーの中には含まれて...続きを読む

客観性よりも主観性

2021/08/13 09:30:00 | お勉強 | コメント:6件

医師・黒丸尊治先生の著書「心の治癒力をうまく引きだす」の第二章には、“病気の「原因」は本当に必要か?”と題して、これまた興味深い論考が書かれています。西洋医学は病気に特定の原因を求め、その原因に対する特異的な治療を提供すべきという理念のもとで発展してきた治療体系です。ところがあるはずの特定の原因はほとんどの場合見つからず、複数の要因が複雑に絡み合う形で病気という現象が発生しているので、実際には原因の...続きを読む

他人の間違った価値観をどうやって書き換えるか

2021/08/10 08:40:00 | お勉強 | コメント:0件

前回の記事で紹介した医師・黒丸尊治先生の著書「心の治癒力をうまく引き出す」の中で、私が印象に残った箇所はとてもたくさんありました。そこで今回から数回に分けて、この本で私が印象に残った部分をピックアップして、最終的に患者さんの心の治癒力を引き出せるようになるためのエッセンスを私なりにまとめてみようと思います。それでは早速参りましょう。今回のテーマは「他人の間違った価値観をどうやって書き換えるか」です...続きを読む

「リン酸塩」熟考

2021/05/21 06:00:00 | お勉強 | コメント:1件

発達障害のこども達に食品でミネラルを補充するアプローチが有効だとする本について紹介しました。一方で前々回の記事で、「栄養素欠乏が病気の本質ではない」というような内容も書かせて頂きました。一見矛盾するような内容に思われるかもしれません。そこで大事になってくるのが、「なぜ現代の食生活ではミネラル欠乏が起きやすいのか」というその理由です。前回紹介した「食べなきゃ、危険!」という本の中ではその理由は大きく...続きを読む