「ぎっくり背中」から学ぶ主体的医療

2022/06/30 10:35:00 | 自分のこと | コメント:0件

「シアル酸」のややこしくも意義深い話を続ける前に、最近私の身に起こった経験について語りたいと思います。皆酸、「ぎっくり背中」というのをご存知でしょうか。「ぎっくり腰」というのはおそらく聞いたことがあるのではないかと思います。名前の通り、それの「背中」版です。実は最近私この「ぎっくり背中」にかかりました。まだ6月だというのに酷暑が続く日々の中、ある朝起きたら背中が猛烈に痛いのです。最初からかなり痛み...続きを読む

一貫性はなくてもいい

2022/03/24 13:00:00 | 自分のこと | コメント:9件

長年のブログ執筆活動を通じて、私の中には「思考の樹」が育ってきた感覚がありました。言い換えれば、自分の言っていることに「一貫性」が出てきたと感じられてきたということです。例えば、糖質制限の良さは無肥料栽培の良さに通じるということ、西洋薬と漢方薬との関係性は精製食品と未精製食品との関係性に通じるということ、断食で起こる不思議はマインドフルネスで起こる不思議に通じるということ…領域をまたがり、様々な現...続きを読む

2021年を振り返る

2021/12/31 07:30:00 | 自分のこと | コメント:0件

未だにコロナ禍が続いたまま2021年が終わろうとしています。2020年がコロナの年だとすれば、2021年はコロナワクチンの年であったように感じています。コロナワクチンの登場によってコロナ禍に終止符が打たれるかと思いきや、むしろ世の中の歪みは助長してしまったように私は感じています。その辺りのコロナワクチンへの私の想いについてはメルマガの方で述べました。もしもブログは読んでいるけれど、メルマガには登録していないと...続きを読む

私が最新の新薬情報を積極的に追いかけない理由

2021/07/01 11:50:00 | 自分のこと | コメント:0件

もともと大学病院で働いていた私が、大学を完全に離れて4年以上が経ちました。大学病院に勤めていることのメリットはよくこのように言われます。「最新の医学情報を入手しやすい」確かにそういう側面はあるかもしれません。私も自分の専門の脳神経内科領域においてでさえ、ちょっと油断するといつの間にか自分の知らない新薬が現場で使われているという状況に遭遇することも多々あります。自分の専門領域でさえそうなのですから、...続きを読む

見えない領域を明らかにしていくための2つの方法

2021/01/08 06:00:01 | 自分のこと | コメント:2件

何一つ矛盾のない完璧な「理論」を構築することができれば、その「理論」は、直接的には見ることのできない領域の現象の理由を時に説明することができたりします。それが故に科学は世界の見方を拡げるし、確かな論理を積み重ねることで第三者へ正確に伝えることができますし、第三者への説明を試みる時に大きな説得力をもたらすことも科学の優れているところだと思います。しかしそんな科学の手法を駆使してもどうしても見えない領...続きを読む