先を見据えた遠回り

2017/05/05 00:00:01 | 自分のこと | コメント:0件

急がば回れ」という言葉があります。

急いで物事をなしとげようとするときは、危険を含む近道を行くよりも、

安全確実な遠回りを行くほうがかえって得策だという意味のことわざです。

私は今勤めている小規模病院に糖質制限を標準的治療として根付かせるために日々奮闘中ですが、

努めてこのことわざの事を頭に入れておくよう心がけています。

糖質制限を広めていく事は、もはや私個人の要望というよりも、社会全体の課題です。

世の中には今すぐ糖質制限を伝えれば人生を救うことができる患者さんもきっとまだまだたくさんいることでしょう。

そんな人達を救うべく医師としては急いで糖質制限を伝える必要がありますが、額面通り急げば急ぐほど遠ざかる真理を先人は教えてくれています。 急ぎたい時こそあせらずに、

できることを着実に積み重ねていくことが、

結果的に一番早いスピードで目標を達成することができるのだと思います。

だから今私は、自院でいわゆる緩やかな糖質制限食を定着させ、

糖質制限食の安全性をスタッフの皆さんに完全に理解してもらう所から始めています。


話は全く変わりますが、

もしも自分の夢を一緒に追いかけてくれる素敵な異性との出会いを望むのであれば、

ダイエットとか、筋トレとか、オシャレとか、出世とか、そんな事よりもまず第一にすべきことは、

案外トイレの掃除だったりするのでないかとふと私は思いました。

それが遠回りなようでいて、一番近道なのではないかと思いました。

いくら見た目が格好良くなろうとも、お金を持っていようとも、

家のトイレ掃除もひとつできずに汚い部屋で生活しているような人間と、一体誰が一緒になってくれるでしょうか。

「トイレ掃除を通じて自分の心を洗い始めること」

これは相田みつを先生が大事にされた道元禅師の教えから学んだことです。

見た目や所持品は変えるにしても限界がありますが、

心ならば自分次第で無限の可能性を持って変化させることが可能です。

自分の容姿など変えられない部分を受け入れつつも、変えられる部分を変幻自在に変えていく。

こうすることで目標へと着実に歩みを進めていけるのではないかと思うのです。


さあ、今日もトイレ掃除をしよう。

心を洗おう。そして成し遂げよう。

自分が本当に望むことを。



たがしゅう
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する