Post

        

「糖質制限を語る会 in 仙川 2014年8月」の御報告

category - イベント参加
2014/ 08/ 10
                 
断食明けに先月告知していた、

糖質制限を語る会 in 仙川 2014年8月」に参加して参りました。

全員がこのブログを見て頂いた方という事で、

私の考え方を知る皆様、総勢27名に集まって頂き交流させて頂く事ができました。

参加された皆様、長時間に渡り誠に有難うございました。

また事務局のナカサムさん、ドモトシさんも御準備頂き誠に有難うございました。

今回、私が意図する座談会の趣旨は「糖質制限、ケトン食、断食(絶食療法)までを自由に語るということでした。
            

参加者の方の中には断食を経験されている方もいらっしゃり、

基本的には皆さん断食に興味を持っておられる感じでした。


一つ,交流の中で出てきた話題について取り上げます.

「やせ型の人が糖質制限をしていると体重が減って困る」という話題がありました。

やせていく際に体調は悪くないが、どんどん体重が減っていくので怖くなるのだそうです。

糖質制限でやせていくのは基本的に脂肪であり、ケトン体が安定供給されて血糖値が一定以上保たれていれば蛋白の分解はそれほど起こらないはずです。

さらには絶食時、細胞はオートファジーという機構で自分の蛋白質を分解し再利用することが分かってきています。

従ってやせ型の人は糖質制限をする前から筋肉量が絶対的に少ない人が多いのではないかと思います。

そして私はやせ型の方の本質は「インスリン分泌能の低下」と「消化吸収障害」にあるのではないかと考えています.

インスリン分泌能が低下しているから血糖も脂肪に変換されにくく,なおかつ糖新生も亢進するため消費エネルギーが高くなって体重が増えにくいのですが,

それだけであればタンパク質,脂質をしっかり確保する事で体重は増加していきそうなものです.

しかし実際にはそうなっていない事を考えると,単純にタンパク質,脂質をうまく吸収できていないのだと思います.

もっと言えば,糖質もうまく吸収できていない,だから血糖値が上がらずに済んでいる部分もあるかもしれません.

そういう消化吸収障害がある状態で体重を増加させようと思えば,「消化吸収障害を治す」か,「さらに食事量を増やす」という方法が考えられますが,

前者は根治療法になりえますが,後者は対症療法にとどまります.できれば前者に対する治療選択を考えたいものです.

そうなると,「消化吸収障害」の根本的な原因はどこにあるのでしょうか.

もしかしたらピロリ菌などにより慢性胃炎を起こしている,ということもあるかもしれませんが,

最も重要なのは栄養を吸収する関所である小腸ではないでしょうか.

何らかの原因で小腸に炎症が起こっている時に,休む暇もなく食事が押し寄せてきたら,

小腸の炎症は治まる暇がなく,本来の小腸の役割である「栄養の吸収」という機能を十分に果たすことができないかもしれません.

という事は胃や小腸,大腸など消化管に休息を与える断食がある程度有効になってくる可能性があると思います.



糖質の生理学的特徴を考えると,糖質の害は人類共通にもたらされるものだと考えるのが妥当であり,

糖質制限の延長線上にある断食もそういう風に考える方がよいのではないでしょうか.

やせている人が断食をすると,そのまま際限なくやせそうなイメージはありますが,

肥満者に比べて少ないながらも燃費の良い脂肪エネルギーを使ったり,オートファジーを駆使したり,はたまた眠っていた遺伝子をONにしたりする事で,

ある程度の絶食期間であれば体重は下げ止まり,横ばいをキープしてくれるのではないかとも推測しています.

また,世の中には6年間食事を取っていなくてもどんどんやせて行かないという人もいるようです.




これらの考えはあくまで推論です.

私はやせ型体質ではないので説得力はありませんし,私の考えを人に押し付けることもできません.

こうした食事療法は結局は本人が納得しなければ進める事ができないということがあると思います.

ですので,残念ながら現時点ではこの考えの妥当性を証明する事はできませんが,

いつかそういう事もわかってくればさらに面白くなってくるのではないかと思っています.


たがしゅう

関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
台風
無事にお帰りになられたのでしょうか。

仙川の会、出勤じゃなければいきたかったです。
断食あるあるをお聞きしたかった。
残念。
実験
断食完遂おめでとうございます。そして仙川での会をありがとうございました。台風を押してはるばる行った甲斐がある会でした。
やせた人が糖質制限でさらにやせてしまうのは糖質制限のせいなのか代謝不良のせいなのか、大変興味があります。現在BMI18の自分で何か試してみようかなと思います、糖質制限プラス少食で。あいにくお盆休みで誘惑の多い時期なのでどこまでできるか不明ですが(笑)。

以下は2007年に「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載された、糖質食人の断食経験の記録です。糖質食人が断食する一例として面白いと思いますのでご紹介します。この連載ひと月前に自ら断食を経験したばかりでしたので興味深く読みました。当時の私は糖質食人でしたので、連載の記述に同じだわ~と思ったり、いやそこは違ってたなと思ったり。断食の反応は個人差も出るなと感じたものでした。

森川氏の断食中継
http://www.1101.com/danjiki/2007-05-25.html

森川氏と糸井氏の対談(断食後)
http://www.1101.com/danjiki/2007-06-27.html

森川氏の断食のその後
http://www.1101.com/danjiki/index.html
Re: 台風
ゆかり さん

 コメント頂き有難うございます.

 予定通り無事に帰着する事ができました.

 また時々出没すると思いますので,御都合が合えばその時は宜しくお願いします.
Re: 実験
のん さん

 コメント頂き有難うございます.また先日は大変お疲れ様でした.

> 2007年に「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載された、糖質食人の断食経験の記録です。
> 断食の反応は個人差も出るなと感じたものでした。


 写真入りでとても興味深いレポートですね.

 内容は私が経験した断食とほぼ共通しているようです.

 ただ書かれている方は,「食べ物の夢を見る」「空腹で目が覚める」という事を経験されているようですが,私にはそれは全くなかったですね.自宅で断食するのと違って,毎日ぐっすりと眠る事ができました.

 その時にメインで使っている代謝,周囲の環境によって,断食時の反応は大きく変わってくるのでしょうね.
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
チュチュ さん

 コメント頂き有難うございます.

 ますます精進したいと思います.今後とも宜しくお願い申し上げます.