Post

        

「自分で考える力」の鍛え方

category - 自分のこと
2014/ 02/ 11
                 
「情報化社会」と呼ばれるようになって久しいですが,

医療に関する情報もインターネットを通じて容易に入手できるようになりました.

糖質制限に関する情報もしかりです.この領域のパイオニアである江部先生夏井先生がインターネット上に無償で情報を公開して下さるおかげで,

誰でもがインターネットにつながるパソコンさえ持ってれば容易に最新の情報を手に入れることができるようになりました.すごい時代です.

しかし情報が多すぎてその質を見極める事が重要です.ここでも,必要とされるのは「自分で考える力」です.

今回は私が「自分で考える力」を鍛えるために心がけていることを紹介したいと思います.
            

江部先生のブログや夏井先生のサイト以外にもインターネットの世界には様々な糖質制限関連の情報サイトが非常にたくさん存在します.

そういうサイトを見る事を私は日課にしていますが,特にブログのような双方向性がある情報の中で糖質制限に関する質問とそれに対する答えのやりとりが見られることがあります.

例えば江部先生のブログには毎日多数のコメントや質問が寄せられていると思いますが,

その中の質問コメントを見た時に「自分だったらどう答えるか?」という事を常に考えるようにしています.

もしその質問に答えられないようであれば,自分はまだ糖質制限について理解が足りない,ということです.要するにそこは特に注意して勉強すべきポイント,ということになります.

受験対策とかで「実力テストで答えられなかった問題を中心に復習することで自分の苦手な分野の実力を上げる」という勉強法があると思いますが,それと似たようなものです.

逆に漫然と記事を眺めているだけであったり,「この先生の言うことは信用できる」という目線で盲信的に読んでいたら自分で考える力は備わりません.

常に「本当だろうか?」と疑う視点を忘れないということが,「自分で考える力」を鍛える最大のコツではないかと思います.

それはニュースを見ていても同じです.ただニュースの言っている事を鵜呑みにするのではなく,「本当だろうか?」と疑うことが重要です.

またニュースを紹介する場合も,ただ紹介するだけではなく,それに対して自分がどう思うか,を考えない限りは「自分で考える力」は鍛えることはできません.これは以前も紹介した通りです.

私のブログを見て頂く時も,そのように見て頂ければ嬉しく思います.


たがしゅう

関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント