Post

        

「医療」:たにやま哲学カフェ参加の御報告

category - イベント参加
2019/ 04/ 30
                 
平成の最後の日は「医療」について考え直す一日となりました。

たにやま哲学カフェに今回はファシリテーターとして参加させて頂き、テーマ「医療」について参加者の皆様と対話を楽しんで参りました。

私にとって平成の時代は、ちょうど物心がついた頃に始まり、医療を中心に様々な人生の出来事に遭遇し、時に価値観を揺さぶられることもありましたが、

総じて私が人生のうちに何かを成し遂げるための準備期であったように思います。

今、新時代を前に改めて「医療」の本質について見直すことによって、

私が新しい時代に、自分の残りの人生をかけて医療に対して自分ができることを、

何らかの形にして残すという目標を達成することを目指したいと思います。
            

まず私は参加者の皆さんに、「医療」についてのイメージを問う所から始めました。

様々な意見が上がる中、延命治療について、医療が成し遂げていることは良いとも悪いとも言えないことだという考えが上がってきました。

いくら医療が発達したとはいえ、結局すべての人は最終的には死んでいるのだから、突き詰めれば医療はそれを延ばすか延ばさないかということしかしておらず、

それが良いかどうかを判断するのはあくまでも個人の価値観による所が大きく、

望まない延命がよくないという事が語られながらも、例えばそれは10代の若い人に必ずしも当てはまらないとか、その判断は年齢や立場によって多様となることについて議論されました。

そうすると広い視点でみると医療がその人に何を成し遂げることができているのだろうか不安を覚えそうになる中、

医療とは死という不可避な現象に対してある意味で反対する行為であって、よりよく生きたいという欲求をサポートする行為だという意見も出ました。

なるほどそう考えれば医療も捨てたものではありません。

たとえ最終的に死という結果が避けられないものだとしても、そこに向かうまでのプロセスをいかによいものにすべきかという点に関しては、

誰しも完璧な人間はいないという中で、医療が介入する余地のあるところなのではないかと思います。

ただその患者の「自分はどうしたいか」という根源的な欲求がないがしろにされがちな環境が今の医療にはあるのではないかという意見もありました。

例えば延命の話では、本人の事前意思が確認できないと家族が決断せざるを得ない状況もありますし、

欲求を医師に伝えようとしても、忙しくプライドの高い医師に対して患者が気を遣い、本来の欲求が伝えきれないという状況もあります。

医師のプライドの高さはその国家資格を取るまでの特殊性やその後の労働環境、一度取った資格が更新制度のないままずっと維持されるような制度にも温床があるのではないかという意見もありました。

ともあれ、どうも今の医療は本来働くべき方向からすると、少し歪んでいる状況にある姿が見え隠れします。


それから、西洋医学と東洋医学、専門医療と総合医療、細分化と全体性、医療のスピードが速いか遅いか、といった医療の二面性についても考えさせられる意見が続きました。

医学という学問の立場からすれば、科学的な根拠がある医療でないと学問の対象として扱えず、どうしても西洋医学中心に発展していってしまうという意見も出ました。

その考えの下に、高度に細分化して人間をみるという方向で突き進んだ結果、

人体という小宇宙(ミクロ・コスモス)を私達はまだ半分も理解できていないのではないかと、

「病は気から」という心身一如の重要性を示す言葉も、西洋医学的視点に立つとわからないことへの言い訳となってしまっている側面も浮き彫りになってきました。

一方でインフォームド・コンセント、インフォームド・チョイス、チーム医療など患者の主体性を応援するような考え方は一見普及してきているようにも見えますが、

その西洋医学に偏った立場によって、はたして患者にとってすべての選択肢が提供されているのかという疑問も投げかけられました。

医療について考えれば考えるほどに、その「歪み」のようなものが見えてくるようでした。


そこで次に私は「医療についての不満」を皆さんに尋ねてみることにしました。

挙げられた不満の共通性や根源性を検討することによって、歪んだ医療をどのように修正していけばよいのかが見えてくるかもしれないと考えたからです。

「病状説明で最悪の時の話ばかりする」「一度にたくさんのことを言われ説明がわかりにくい」「あまりにも患者に判断を丸投げしすぎ」「患者への気遣いが足りない」「コミュニケーション能力が低い」「まともに患者を診ない(3分診療)」など様々な意見が挙げられましたが、

振り返ってみると、この質問はどうしても患者の立場から考える医療への不満となってしまい、一方的な意見となってしまっていました。

そんな中である方が、「私には医療に不満はない」という以外な意見を述べられました。

その方からしてみれば、担当してくれた医師の説明はわかりやすかったし、悪いことばかりでなく良いことも説明してくれたし、きちんと患者を気遣いながらしっかり診察してくれた、そのおかげで満足度は非常に高かった、というのですが、

それはたまたま運よくそんな医者と出会ったからというよりも、自分たち患者の立場からも医師とより良いコミュニケーションをとろうと努力をした要素も大きかったとおっしゃいました。

つまり説明がわかりにくければ、「それはどういう意味ですか?」と尋ねるし、最悪の場合の話があったとしても「万が一はそうだとして、可能性が高いのはどうなることでしょうか」などと尋ね直してみるとか、

コミュニケーションといっても医師側の一方的な能力に依存するのではなく、患者側の努力もあってこそ良いコミュニケーションは取ることができるという話でした。

これは非常に重要な指摘だったように思います。私が目指す「主体的医療」において大切な観点でもあります。

また見方を変えると、歪んでいる今の医療においても、コミュニケーションがきちんと取れていれば、その歪みは解消できると、

ひいては「コミュニケーション不足が医療の歪みの温床となっている」という根源性が見え始めてきました。

コミュニケーション不足は医療に限らず、家族関係、友人関係、恋人関係、上司と部下の関係、あらゆる人間関係にまつわる問題に通じる重要な要素であるようにも思えます。


こうしたことを踏まえて、最後にどうすれば医療はよくなるかということについて皆で考えました。

それについて考える上で、医療機関というのは一般的な会社に比べて極めて特殊な経営環境にある組織だということを踏まえておくべきだという意見がありました。

例えば国民皆保険、保険医療制度の下に競争原理が働かず、一律に一定の医療が提供されるような仕組みとなってしまっていること、

そのことによって患者は考える機会を逸するし、医療者は自己研鑽しようとする動機が働きにくくなるという保守性があります。

しかしそんなことも患者の立場からしたら知らないことであったり、意識されないことであったりするわけです。

「医者は金儲けしている」というイメージが広まるのもそうした特殊性を背景に、情報の非対称性から生まれる誤解だともいえるかもしれません。

やはり医療の歪みは医師と患者の情報のギャップを背景にしたコミュニケーション不足に由来する側面が強そうです。

そうするとコミュニケーション不足を解消するためにどうすればよいかという疑問が当然出てくるわけですが、

これが簡単そうで難しい話です。個々人がコミュニケーション不足を解消するために努力をしようと言えば、結局個人の努力に委ねられ、しかも具体性のかける曖昧な提案となってしまいます。

例えば、医療の不満を解消するために、現場でアンケートをとって生の声を聴くというのは具体策の一つとなりますが、

「コミュニケーションが大事だから、コミュニケーションをよくしましょう」では解決策のようでいて、具体的な解決策になっていないのです。

そのために具体的にどうすればいいのかについては現場で私も頭をひねりましたが、なかなか良いアイデアは出ませんでした。

そんな中で、参加者の方の一人から「この哲学カフェのような雰囲気で、医療関係者も非医療関係者も自由に話し合うことができる"場”を作ることが解決への第一歩となるのではないか」という意見がありました。

確かにそれは重要なことであるように感じました。例えば日頃自分の健康について疑問に思っていることでも、

診察室ではお医者さんも忙しそうだし、次に待っている患者も多いし、悪いから気を遣って控えるような質問であっても、

今回の哲学カフェのような雰囲気で、あるいはもう少しプライバシーを確保できるような場でもあれば聞いたりすることもできるかもしれません。

そうすることで情報の非対称性を埋め合わせ、本来の医療のあるべき姿へ近づけることができるようになるかもしれません。

逆に言えば、今の医療はコミュニケーションをとるのが非常に難しい場しか提供できていないと言えるのかもしれません。

コミュニケーションがとれないからこそ「先生にお任せするしかない」「素人だからわからない」のかもしれません。

そうするとその場づくりは、様々な人が様々な立場で具体的に行動を起こすことができるかもしれません。

今回話題は医師と患者の対話に比較的集中しましたが、実際には看護師、栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、検査技師、薬剤師、ソーシャルワーカー、ケアマネージャー、介護関係者など多職種が集まればもっとよいと思いますし、

もっと言えば、弁護士、宗教家、教師、スポーツトレーナー、事務職、患者会の方、ひいては海外の人達まで含めて、

様々な人達がそれぞれの立場でそれぞれができることについて情報を発信し、それらの情報を共有する場を作ることができれば、

医師に任せるしかないとしか思えなかった状況が、全く別の角度から思わぬ打開策を提供するミラクルも起こるかもしれないと、

即ち医療の方向性が極端に偏らずに適正化させることができるようになるのではないかと、

その核を握るのが「コミュニケーション」という所になるのではないかと感じた次第です。


こうなってくると「コミュニケーション」そのものについて俄然興味が出て参りましたが、

今回は時間切れ。次回のたにやま哲学カフェでは、今回の話題に引き続いて「コミュニケーション」をテーマにして対話を行う運びとなりました。

また2か月に1回ペースのたにやま哲学カフェなので、次回が私が参加できる最後の回になるということもあって、

わがままを言って次回のたにやま哲学カフェでも引き続き不詳私がファシリテーターを務めさせて頂く運びとなりました。

興味のある方は「たにやま哲学カフェ」のフェイスブックページをフォローして頂ければと思います。


それにしても平成の最後に良い内省の機会となりました。

今までの医療は何が問題だったのか、これからの医療は何をどうすべきなのか。

勿論、医療全体を変えることは個人の力では到底できることではないですが、

それでも声を上げ、実際に行動を起こすことによって、医療を変えるきっかけを作りたいという気持ち新たにすることができました。

令和では本日考えた医療の歪みをできる限り是正し、後世の人達が安心して利用できるものへ変えていきたいと思います。


たがしゅう

関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

初めまして、鹿屋に住んでいます藤元と申します。
たがしゅう先生とは一度お目にかかった事があります。

今、まさに私の父の延命治療の話をされたばかりです。
本のひと月前までは、仕事も出来ていたのにこの4月ひと月で、父はあっという間に変わっていきました。
しかし、私たちにとっては最愛の父です。
父にとってのBESTな医療と選択、そしてまた私たち家族にとってbetterな選択が出来るように日々を過ごしています。

たがしゅう先生の記事をとても興味深く読ませていただきました。
Re: タイトルなし
藤元 智美 さん

コメント頂き有難うございます。
またお辛い状況、お察し申し上げます。

お父様は勿論、家族の方々が納得できる医療が選択できるといいですね。
その為にも医療者とよきコミュニケーションができることを願うばかりです。