Post

        

一歩踏み出して見える世界

category - 自分のこと
2017/ 10/ 06
                 
本名公開をして1週間が経ちました。

いつかはしなければならない、でも一度したら後戻りはできない、

そんな想いを抱えながら決意した本名公開でしたが、ふたを開ければいつもと変わらない日常が待っていました。

厳密に言えば、本名公開をしたことで私の病院を受診する決意をしてくれた患者さんが早速数名おられましたので、

変わらないように見えて、私の周りの世界は少しずつ変わり始めているのかもしれません。

一歩を踏み出すのに勇気が要る場面が人生には時々あります。

愛の告白とかもそうかもしれません。その一歩を踏み出すまでに大変時間がかかることもありますし、

やはり告白後には告白前の自分に戻ることはできません。
            

それでも人生は移ろいながら変化していくものであって、

そういうものだと割り切ってしまえば、後戻りできない事をことさら嘆く必要はないのかもしれませんし、

一歩踏み出した後の世界には見た事もない景色が広がっているかもしれません。


本当はもっと早くに本名公開すべきでした。

本名非公開のコミュニケーションは非常に不自然な状況であったと思います。

一方で信用してもらいたい、その一方で自分の名前や立場は明かしたくない。

明かせない事情があるにしたって、そんな中途半端な状態の人間は信用されなくとも仕方がありません。

他人から信用されたければ自分から他人を信用すること。

その言葉が今もなお胸に突き刺さります。

きっと恋愛においても同じ法則が当てはまるのでしょうね。

他人から愛されたければ自分から他人を愛すること。

簡単なことのようでなんと難しいことなのでしょう。

しかし私は本名公開をしたことで、

その理想に向けて着実に一歩近づくことができたのではないかと思っています。

後を振り返らずに前を見て上を向いて歩いていきたいと思います。


たがしゅう

関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント