2019年03月

        

化学物質まみれの食にあふれた世界で生きるためのコツ

category - ふと思った事
2019/ 03/ 21
                 
食べ物の事について勉強していると、

普段意識はしないけれど、便利の陰に隠れた食品産業の闇とも呼べる事実に直面すると思います。

考えてみれば、私達が普段から利用するコンビニやスーパーマーケットで、

24時間食品を安定的に購入することができるシステムが成立するためには、

何らかの人為が加えられなければならないことは容易に理解できます。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

非難より批判

category - ふと思った事
2019/ 03/ 19
                 
芸能人の薬物使用問題に対する過剰なバッシングの怖さについて記事にしましたが、

本日はこの「バッシング」というものに注目して思考を発展させてみたいと思います。

「バッシング (bashing) 」とは、Wikipediaによれば個人・団体の行為に対する過剰または根拠のない非難」という意味だそうです。

また「非難」とは、「欠点やあやまちなどを責めとがめること」という意味があります。

さて人はどんな時に「非難」をしようと思うのでしょうか。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

私が哲学カフェに興味を持った必然性

category - 自分のこと
2019/ 03/ 18
                 
私が哲学カフェというものに興味を持ち、参加するようになったのは今から一年ほど前のことですが、

この哲学カフェに興味を持つようになったのにはある種の必然性があったように感じています。

一つは以前にも申し上げましたが、哲学カフェの営みが現在私が医療において重要と考える主体性の育成に有益であるということがありますが、

もう一つの理由に気がついたので、今回はそのことについて思考をまとめたいと思います。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

罪と罰のバランスを崩すマスコミ報道

category - 素朴な疑問
2019/ 03/ 17
                 
とある有名俳優が麻薬を使用した疑いで麻薬取締法違反で逮捕されたというニュースが様々な切り口で紹介され続け、

まさに「麻薬に手を出してこれまで築き上げてきたキャリアの全てを失った大物俳優の凋落」というイメージがマスコミによって強固に扇動されてきている状況があるように思います。

今の世の中、何も考えていないと本当にそうした人工的な世論に巻き込まれてしまうように思います。

今回は、そうしたマスコミの扇動に惑わされずに、このニュースに対する自分の見解について語ってみたいと思います。

まず麻薬というのは、その強固な依存性ゆえに、不用意に使用すると一度使うとそれなしでは心身の安定が保てなくなり、

その強固な依存性故に、次第に過剰に使い続ける乱用が形成されて、少しでも薬が切れると不眠、過眠、抑うつ、不安、焦燥、幻覚、筋肉や関節の痛み、妄想、けいれん発作、食欲亢進、脱力、嘔吐、下痢、異常な発汗など様々な離脱症状(禁断症状)をきたすということで問題になっている薬です。
            
関連記事
            
                

続きを読む

                 
        

透析中止問題と主体的医療

category - 主体的医療
2019/ 03/ 16
                 
本日は、先日話題になったとある総合病院で人工透析治療の中止という選択肢が外科医から示され、腎臓病患者の女性が死亡したというニュースについて考えます。

「意思決定不足」「コミュニケーション不足」「情報不足」が縁起でもない話の共通構造だ、ということを書いていた所ですが、

この透析中止問題も、終末期医療で取り扱うべき「縁起でもない話」の一つの形なのではないかと私は思います。

このニュースに対してマスコミに扇動されているであろう世論は、簡単に言うと「人の命を扱う医師が死ぬように勧めるような選択肢を提示するなんてけしからん」というものなのではないでしょうか。

しかし問題はそう単純ではないように私は思います。少なくともその外科医の先生が透析中止の選択肢をどのように提示されているかがわからない以上、外野はどうこう言うべきではないと私は思います。
            
関連記事
            
                

続きを読む