一つの事実だけに注目しない

2018/09/25 00:00:01 | 糖質制限でうまくいかない | コメント:2件

糖質制限はよくないとする人達の主張その1は、「糖質制限をすると耐糖能が悪化し、インスリン抵抗性が進行する」です。耐糖能というのは、「糖」に「耐」えうる「力」、すなわち糖質を摂取したらどれくらい血糖値が上昇するか、あるいは糖質を摂取したらどれくらい効率的にエネルギーへと変換できるかということを表す言葉です。糖質を摂取して、血糖値が急上昇するような状況は、糖質をうまくエネルギーへ変換できていないからだ...続きを読む
関連記事

糖質制限で悪化する事実から糖質制限を考える

2018/09/24 00:00:01 | 糖質制限でうまくいかない | コメント:6件

先日、糖質制限に関するいつもとは違う勉強会に参加して参りました。それは糖質制限実践中に何らかの体調不良をきたしたという経験を持つ患者や医師達が中心となり、糖質制限の問題点について考えようという勉強会です。僭越ながら私もその勉強会に講師として招かれ、糖質制限推進派の立場から意見を述べて参りました。糖質制限を安全に実践するための方法の完成度を高めていくためにも、こうした方々の意見に真摯に耳を傾けること...続きを読む
関連記事

妥協と共存

2018/09/23 00:00:01 | ふと思った事 | コメント:7件

私は糖質制限推進派医師として思います。理想的には人類皆糖質制限、1日1食ベースにすれば、食糧問題も解決し、誰もが健康で文化的な最低限度の生活を営むことができるようになるのではないかと思っていますが、その修正を行うには世の中のシステムが複雑になり過ぎてしまったと思っています。世の中の食品産業の大半は炭水化物主体のものが主力商品ですし、1日3食食べなければならないという文化的価値観も人々の中で相当強固に根...続きを読む
関連記事

「何も考えていない」人の考え方

2018/09/22 11:00:01 | 主体的医療 | コメント:8件

「何も考えないのは難しい」と以前書きました。一方で私は「何も考えていないと世の中の流れに容易に流される」といった趣旨の発言もよくしています。はっきり言って、現代は何も考えていないと間違いなく糖質摂取過剰になる世の中です。何も考えていないとまず間違いなく高いコレステロール値に不安を覚え、病院に行ってスタチンという薬を処方され、それを一生飲み続けるコースへ進みます。そして何も考えなければがんに対して不...続きを読む
関連記事

量は機能を反映しない

2018/09/21 00:15:01 | ふと思った事 | コメント:2件

糖質制限をしていてケトン体値が高くなればなるほど望ましいとする考え方があります。中には尿試験紙で尿中にケトン体が検出されるような状況の事を「ハッピーバイオレット」と称して称賛する人もいるそうです。しかしその考え方に私は異議があります。ケトン体値が高いという事は必ずしもケトン体をエネルギー源として使えている事を意味しません。もしかしたらケトン体を使えていないからこそ血中に滞っているのかもしれません。...続きを読む
関連記事