主体的治療者への教育

2018/05/26 00:00:01 | 主体的医療 | コメント:6件

引き続き「主体的医療」を検索ワードにして調べてみると、青森県立保健大学、健康科学部のホームページに突き当たりました。こちらは主体的学習者を育成するための組織的なシステム作りに取り組んでいるとのことで、そのシステムの概要が紹介されているページでした。確かに主体性を高く持つかどうか、教育によってある程度影響を与えることはできるかもしれません。...続きを読む
関連記事

主体性は患者満足度を高める

2018/05/25 00:00:01 | 主体的医療 | コメント:4件

「主体的医療」という言葉は何も私が初めて作った言葉ではなくて、「主体的医療」というワードで検索してみると、過去にも様々な人が同様のことについて考えた跡がある事がわかります。例えば、2004年1月に株式会社NTTデータ システム科学研究所は、「患者の主体性と医療への満足度に関する調査」というタイトルで、3大都市圏(東京圏・大阪圏・名古屋圏)の市域及び人口30万人以上の都市に住む20歳以上70歳未満の男女で、2001年1月...続きを読む
関連記事

尿酸を上げる薬がない理由

2018/05/24 00:00:01 | 素朴な疑問 | コメント:2件

尿酸が高いと痛風になりやすいとまことしやかに言われ、そういう状況の時には大抵の場合、通常の医療では尿酸を下げる薬が処方される事と思います。しかし尿酸が高いこと自体はあくまでも痛風発作の必要条件であり、十分条件ではないというのが私の考えだという事は以前も述べました。そんな中ふと思ったのですが、尿酸を下げる薬はあれど、尿酸を上げる薬はありません。そう言えばコレステロールを下げる薬はあれど、コレステロー...続きを読む
関連記事

主体的医療にそぐわない患者

2018/05/23 00:00:01 | 主体的医療 | コメント:10件

最近私が目指している「主体的医療」の事について考え続けていますが、普段診療をしていて、ものすごく引っ込み思案で自分の意志を表示してこない患者さんを診ることもあります。そういう人は糖質制限のことを伝えても実践しないだけでなく、症状や普段の生活のことを尋ねても口数少なく返答されるばかりで、何も情報が引き出せません。結果的にいつもの薬を処方するだけで診療が終わるということが繰り返され、悪いままのデータを...続きを読む
関連記事

既読スルーに感じる心の在り方

2018/05/22 05:35:00 | ふと思った事 | コメント:0件

いまや幅広い世代のコミュニケーションツールとしてすっかり定着したSNSの一つ「LINE」ですが、メッセージをチェックしたら「既読」と表示されるシステムがあることによって、「LINE」にまつわっては「既読スルー」という現象が注目されることになりました。「既読スルー」というのは、「メッセージを読んだにも関わらず返信をしない(していない)状態」のことを指します。既読スルーをされると例えば友達から無視されている気持...続きを読む
関連記事