自分のこと

        

もしも私がALSだと言われたら

category - 自分のこと
2019/ 07/ 28
                 
不謹慎だと思われるかもしれませんが、あえて書きたいと思います。

私がもしも筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと診断されたらどうするか、についてです。

皆さんはALSという病気のことをご存知でしょうか。

徐々に全身の筋肉を動かす神経細胞が死滅していく原因不明の神経難病です。

手足はおろかしゃべる筋肉、呼吸をする筋肉、最終的には目を動かす筋肉までも動かせなくなり、全く動くことができず、

しかしながら意識は明瞭に保たれたままとされる生活の質を著しく脅かす難病中の難病です。
                         
                

続きを読む

                 
        

学会から離れた世界を開拓する

category - 自分のこと
2019/ 05/ 09
                 
5月は様々な医学系の学会が各地でよく開催されるシーズンです。

私の専門である脳神経内科の大きな学会も5月下旬に開催されます。

ところが実は私は数年前よりこうした学会に参加して情報を集めることに急速に興味を失ってきています

勿論、学会で発表されている内容が無意味だとは言いません。

ただ、どれもこれも限られた固定的な価値観の中で五十歩百歩の議論をしているように感じられてしまうのです。

こうした学会の開催をくり返して、神経難病の方々は良い方向に向かっているでしょうか。
                         
                

続きを読む

                 
        

私が哲学カフェに興味を持った必然性

category - 自分のこと
2019/ 03/ 18
                 
私が哲学カフェというものに興味を持ち、参加するようになったのは今から一年ほど前のことですが、

この哲学カフェに興味を持つようになったのにはある種の必然性があったように感じています。

一つは以前にも申し上げましたが、哲学カフェの営みが現在私が医療において重要と考える主体性の育成に有益であるということがありますが、

もう一つの理由に気がついたので、今回はそのことについて思考をまとめたいと思います。
                         
                

続きを読む

                 
        

ゆるさない時、ゆるせない時

category - 自分のこと
2019/ 01/ 21
                 
皆さんは誰かと大ゲンカしたことはありますか。

一口にケンカと言ってもいろいろありますが、私は大ゲンカと呼べる出来事、過去に何度かあります。

その中には相手との関係性が修復できたものとそうでないものとがあります。

大人になってからは関係が修復できなかったケースの方が多いかもしれません。

それは私の心の中に「100%人から好かれる必要はないし、そんなことはできない」という原理があることが影響しているからだと思います。

だから私は大ゲンカした相手との関係を無理に修復しようとは思いません。
                         
                

続きを読む

                 
        

Twitterを始めてわかったこと

category - 自分のこと
2019/ 01/ 15
                 
ふと思いついてTwitterを始めてみて約1ヶ月あまりになりますが、

実際にやってみて、こんなに面白いものだったのかということに驚いています。

今のところ割とコンスタントにつぶやけている感じなのですが、

正直、始める段階の時には、自分がこれだけつぶやけるとは想像だにしていませんでした。

むしろ、ブログと並行しながら、毎日のつぶやきをどう維持していこうか、という感覚でした。

ところがふたをあければ、つぶやき始めたらこれがどんどんアイデアが浮かんでくるのです。
                         
                

続きを読む